U.T.M.P BLOG(仮)

欧州で写真を撮ったり(珈琲を飲んだり)する話。

シャガールブルーのステンドグラスのある教会へ行った話

どうも。今回はシャガールが手がけたステンドグラスのある教会として有名な、マインツにある聖シュテファン教会(St. Stephen)へ行ってきました。

S-bahnのマインツ中央駅からは歩いて20分ぐらいだったでしょうか。
車で行ったのですが駅を挟んで逆の駐車場に停めてしまったので、けっこう歩いた印象です。

場所はこんな所。大聖堂のある旧市街からは少しだけ離れています。

 

機材はα7ii + SEL1635GM を持って行きました。

 

St. Stephen in Mainz

Chagall-blue

いざ中に入ると青い光で満たされており幻想的でした。この深い青色はシャガールブルーと呼ばれているようですね。

パイプオルガンのパイプに反射する青も良い。

 

Chagall-fenster

 

マインツに青いステンドグラスの教会があるんだってよ」って感じで軽い気持ちで訪れたのですが、美しい青が広がっていました。

 

それでは。