U.T.M.P BLOG(仮)

欧州で写真を撮ったり(珈琲を飲んだり)する話。

ドロミテの美しい村、フネス谷のサンタ・マッダレーナ村に行った話

どうも。

今回も引き続きドロミテを周った話です。
前回はこちら。 

u-tamp0.hatenablog.com

 

前回は湖でしたが今回のメインはサンタ・マッダレーナ村。

www.suedtirolerland.it

フネス谷にある人口約370人の村ですが、ドロミテの中でも有名な写真スポット。
今回はこちらを目指します。

 

 

機材はSONY α7III +  SEL1635GM、SEL55F18Z、SEL85F18です。

 

まずは移動中の風景から。

SS49

SP44 to Valle Anterselvaホテルをスタートして景色の綺麗な村を目指しているわけですが、通る道はどこもこんな感じで正直既に満足。

 

From Rina street

Welcome to Rinaこちらはリナ(Rina)。偶然通った村ですが、名前が気に入ったので少し車を止めました。
既に峠道を上った場所で、景色も良いです。
「リナ」好きはぜひ訪れましょう。


教会横の車1台分がなんとか通れるような道を通っていたら遅れて来た対向車のおばちゃんにクラクションを鳴らされまくり、「思えば遠くへ来たもんだ・・・」としみじみ思いました。

 

View in Alps

Narrow road to Funes valley そこからさらに峠道を走ってサンタマッダレーナ村へ。
2枚目の写真から分かりますが車がすれ違うのもギリギリで、こんな細さの道を30kmぐらい走り続けました。
この時点でサンタ・マッダレーナ村はもうすぐそこ。

Santa Maddalena, Val di Funes

Santa Maddalena, Val di Funesということでけっこうハードな峠道を抜けた先がこちら、サンタマッダレーナ村。
尖った岩のような山々はガイスラー山群。

Chiesetta di San Giovanni

ちなみにインターネットでもよく見る景色には出会えませんでした・・・。
参考にしたブログはどれも迷わずに行けた様子だから車を停めた場所が良くなかったんだろうな。

 

ということで、出発地点のせいか狭い峠道を1時間以上走ることになりましたが、ヨーロッパの美しい村30選(日本旅行業協会が選んだものらしい)と言われるのもよく分かるとっても綺麗な村でした。
車で行くならなるべく小さい車で行った方が良いと思います。それか公共バス。

 

 

おまけ。

タイトルにも「フネス谷の」と付けたのは、フネス谷じゃない場所にもサンタ・マッダレーナがあるからです。

はい、最初は間違えてそっちに行っちゃいました。

 

Santa Maddalena 草原にポツンとあるはずの教会も見当たらないし、そもそもあの尖った岩みたいな山が全然無いぞ!となったところで気づきました。俺たちは違うサンタ・マッダレーナに来てしまったんだと。
でもやっぱりいい景色だね。ドロミテ良いところだね。

 

 

次回は最後にインスブルックに寄った話です。

 

ではでは。