U.T.M.P BLOG(仮)

写真とか。あと、ドイツに住み始めました。

カーナビに指示されるがままアルプスの峠を走った話

どうも。今回はイタリアからドイツへ向かう際に、カーナビに指示されるがまま通った道がドロミテという東アルプス山脈の一部だったという話です。

天気は生憎の曇り空だったのと、目的地はまだまだ先だったのであまり時間がなかったのですが、所々で車を降りてα7iiで写真を撮ってきました。

 

ちなみに前回記事の続きでヴェネツィアからの帰り道です。

u-tamp0.hatenablog.com

 

本当にカーナビに従って走っていただけなので、まず私はどこを走っていたか調べるところからスタートでした。
ということで、写真を撮った場所周辺の地名を羅列しつついきます。

 

まずはコッレ・サンタ・ルチーアという村。 

Colle Santa Lucia

ちょっとした駐車スペースとベンチがあったので立ち寄りました。こんなところでお弁当広げたりしたい。サンドウィッチね。

 

ヴェネツィアからちょうど北に来た感じの場所です。

 

 

そこからまた峠道をゴリゴリ進んでいくと、木々の間からチラチラと遺跡のようなものが見えてきたので、それっぽい看板の指す方に少し寄り道。

 

Castello di Andraz

Castello di Andrazというお城(城跡?)みたいです。

ドイツ語のwikipediaを参照すると、1027年ごろに作られたものだそう。

公式サイトも有りました。

 

http://www.castellodiandraz.it/media/com_twojtoolbox/castello-andraz-autunno-021.jpg

こんな感じで峠道から見えるんですよね。もっと遠くからでしたが。
※この画像は公式サイト内のギャラリーにあります。

お城の中(城跡なのでほぼ外)も観覧できるのですが、お金がかかるようです。
時間もあまりなかったので今回はパス。

 

場所はこんなところ。 

 

さて次に通過したのはファルツァレーゴ峠(ファルツァーレゴ峠?)。

後で出てくるヴァルパローラ峠もそうなのですが、世界最高峰の自転車レースの一つ、ジロ・デ・イタリアではここらへんを走るコースもあるのですね。壮絶だ。

 

Passo Falzarego こんな峠道をポルシェ911 GT3 RSで駆けられるの羨ましすぎる・・・。
(私も後にこのポルシェと同じ道を進むことになりますが、フォードFiestaに追っかけ回されました。)

 

Piccolo Lagazuoi

こちらはラガツォイ。ロープウェイで登れますが今回は登らず。
トレッキングやクライミングが盛んな感じですね。

場所はここ。 

 

この駐車場から西を向くと、、、

Sass de Stria from Passo Falzarego

教会とサッス・デ・ストリア。整った三角形をしている山ですが、"魔女が棲む山"という意味だそう。ドイツ語でも"魔女の岩"という意味の名前が付いているみたい。

 

 

さてここから北西に進み、ヴァルパローラ峠を通過。

Passo Valparola

全体的に霧&雲がすごかったので全貌がなかなか見えませんが、ドロミテは本当に山塊という言葉が相応しいと思います。

 

Lake Valparola

Lake Valparola(2)

こちらはヴァルパローラ湖。透明度が高く綺麗な湖でした。

 

 

 

この時点で17時過ぎ、まだまだ峠も長そうだったので足早に北へ向かいました。

山塊そのものの自然も絶景でしたが歴史的にも第一次世界大戦でイタリアとオーストリアが要塞を築いて戦った要所でもあるようで、今回は完全に移動のために通っただけですが、ドロミテをメインに旅行したくなりました。

ハイキングコースも充実しているようで、麓の宿に滞在して1週間ぐらい歩きまわりたいです。

 

それでは。