U.T.M.P BLOG(仮)

写真とか。あと、ドイツに住み始めました。

ドイツでキャンプする(準備編)

私、キャンプ用品をドイツに持ってきたんです。
欧州の自然の中でキャンプできたら素敵だろうし良い経験だろうと思って。
ということでキャンプしたいんですが、まずはその準備のお話です。

 

f:id:u_tamp0:20180409060621j:plain

欧州のキャンプ(勝手なイメージ)


まずはインターネット上でキャンプ場を探しました。
キャンプ場が無かったらキャンプできないですからね。
適当にGoogle検索していたんですが、わりと使い勝手の良いキャンプ場検索サイトがあったので紹介します。
このサイトで予約も出来るのですが私は使っていません。

キャンプ場めっちゃある。ドイツ国内だけでもめっちゃある。自然豊かなところにもちゃんとある。良かった〜。

 

ん?待てよ。
やたらとプールとかテニスコート、パブとかレストランが場内にあることを売りにしてる。
しかもキャンピングカーとかトレーラーハウスが所狭しと並んでいる。
多分、長期休暇の時に滞在してプール入ったり近くの名所周ったりとかするやつだ。
全然カルチャー違わないか?少なくとも私の想像していたものと全然違う。
(当初衝撃を受けたので随分と大げさに書いています。)

f:id:u_tamp0:20150813182529j:plain

私がしたいやつ(これは青森のキャンプ場)

いや私はテントが良いしそもそもテントしか無いし、自然の中でまったりしたい。
何なら焚き火もしたいんですよ。

 

で、よく見たら先ほどのキャンプ場検索サイトの絞り込み検索にありました。「ピッチでキャンプファイヤー可」という項目。campfireとは要するに焚き火のことです。

これにチェックを入れてとりあえずバイエルン地方だけで調べると、約900件から30件に絞り込まれました。なんてこったい・・。
でも何となく自然派って感じのキャンプ場ばかりが残ったような気がします。
ってことで後は山の近くとか湖とか色々と個別に調べたいと思います。 

逆に言えば焚き火だけで一気に絞られてしまいますので、「チャコールグリル使用可」の方で絞り込めばもう少し多いです。焚き火はできませんが、炭は使えます。
ただし共用のBBQスペースがあるだけのキャンプ場もある気がするので注意です。

 

 

サイト探しの話だけで文字ばっかりになってしまったけど・・・ キャンプに行くぞ!
これを書いている時点でもう行ったんですけど、それはまた別のお話。